競馬の玄人 馬券

馬券

競馬をギャンブルと考えている人は大きく賭けて大きく儲けようとする人が存在し、高額の払い戻しを常に受けようとする人がいます。高額の払い戻しは100万円からとなりますが、賭ける金額がそもそもそれだけあり、ちょっとした馬券を当てるだけで結構な金額になってしまい、多くの人を驚かせます。しかし、競馬の玄人はこうした大金を競馬に使うようなことはしません。なぜなら大金を稼ぐことを目的とはしていないからです。

もちろん、玄人といえど、的中させることに全力は注ぎますが、大きく勝つことにそこまでの執着はありません。むしろ楽しみながら競馬に接するようにしており、しこたま馬券を購入し、それで当てて周囲に自慢をするような行為はまずしません。そんなことをしても虚しいというのもあれば、その行為に何の意味もなく、むしろペースを崩すことになり、いいことが何もないということも関係しており、競馬の玄人は馬券を多く買うことはしません。

愛情は人一倍強く、楽しくやっていくことを心がけています。だからこそ、嫌いにもならず、かといって必要以上に好きにもならないため、常に冷静な目で見守っていくことができています。多く買わないことは冷静な目を保たせるだけでなく、ギャンブルではなく文化であること、レジャーであることを改めて思い出させることにもつながります。そして、的中した人を素直に喜べるような人間になることができるため、みんなにとっていい存在です。

競争

競馬の玄人 データ

データ

競馬にはデータがつきものであり、そのデータに基づいて予想をしていく人がほとんどです。しかし、玄人はそれを信じすぎず、アテにはしていません。これにはいくつかの理由があります。まずは統計学的にサンプルが少なすぎるため、精度が低いというものです。考え方としては、たった数人におすすめの果物を聞き、その結果で、今この果物が人気と称するようなものであり、それがいかにバカげたことかがわかります。競馬の予想でも同じであり、少ないサンプル数をデータと称するのはどうなのかという疑問があります。

馬の腹

次に、そうした情報は示した瞬間に別の結果を生みやすいという経験則によるものです。たとえ、信憑性が高く、根拠としても鋭いものであったとしても、その情報が出たらその時のレースはなぜか別の結果となり、外してしまうという傾向にあります。玄人はしっかりとそれを覚えており、情報が出されても飛びつきません。ここで玄人がすごいのは、それを覚え、翌年に活かすということです。信憑性が高ければ、2年続けて別の結果になることは考えにくいため、あえて寝かせておくというのも必要となります。

また、いかようにもこうした情報は切り出すことができ、ちょっと自信がなくても、それで自信をつけさせようとするためだけに存在するというのもわかっています。もちろん、知っておくべき情報というのはしっかりと頭に入れておきますが、いかようにも切り出せるものに関してはあまり信じないのが玄人の見方です。